読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共感と未来を読むこと

ファッションは共感です。ファッションデザイナーの仕事は未来を読むこと。そんなデザイナー2人に言われた言葉。ファッションとお洒落がメインです。

万人受けしないブランドの変化

皆さん、アンダーカバーを知っていますか?

知らない人はいないでしょう、御三家以降、最後の日本人デザイナーでの成功者、ジュンヤワタナベ、アンダーカバー以降に文化服装学院から世界的な成功者は出ていないとまで言われていた人物です。

最近だとサカイがその部類に入りますが。

NIGO氏と共にほとんど学校なんて行ってなかったんじゃないかって話さえあるジョニオ氏。

今回そんなアンダーカバーの25周年の展示に凸してきたよ。
f:id:edgwcnn34:20151115094209j:image
どんなブランドも始める時は小さな物です。
f:id:edgwcnn34:20151115094308j:image
誰がこのブランドがここまで大きくなるって想像してたんだろうってくらい初期は攻めてる。
f:id:edgwcnn34:20151115094435j:image
今でもこのノリでやれるのかは疑問。

ジョニオ氏の凄い所は経営者でもある所。
ユニクロナイキ等とコラボで資金を得てる。

経営ヤバいって年の噂もありましたが。
コレクション前が地獄っていうのは噂ではなく実話。



ちなみにこの展示、ガッツリ見る気なら数回かかります。

過去のコレクション映像全てあるから24時間でも見終わらない…

いくつか作品を。
f:id:edgwcnn34:20151115094847j:image
これ初期ですね、見た事なかった。

最高に好きだった双子モデルを使ったコレクション。
f:id:edgwcnn34:20151115095015j:image
f:id:edgwcnn34:20151115095132j:image
f:id:edgwcnn34:20151115095207j:image
個人的にアンダーカバーを初めて知ったのは学生の頃に展示されていたバットビューティフル。
f:id:edgwcnn34:20151115095352j:image
当時、綺麗に縫いなさい教育に洗脳されていたので、何、この汚い服…って衝撃を覚えています。
f:id:edgwcnn34:20151115095519j:image
f:id:edgwcnn34:20151115095557j:image
スワッチやデザイン画まで膨大な量が公開されています。
f:id:edgwcnn34:20151115095644j:image
BUTⅡ。最初と違ってこっちは好きでしたね、実際に買ったし。
f:id:edgwcnn34:20151115095806j:image
T。この頃のダークな世界観とても好きだった。
f:id:edgwcnn34:20151115095939j:image
BUTⅤ。これも好きで持ってる。
f:id:edgwcnn34:20151115100038j:image
ART。コレクションから10年経ってもこれは欲しい服、ヤフオクとかにたまに出るんだけどね、今でも高い…
f:id:edgwcnn34:20151115100142j:image
PURPLE。これは変換期、裏原ファンが一気に離れた瞬間でもある。
今見たらそんなに世界観急変はしてないんだけど、当時はとても衝撃が業界に走りましたね、ここからあまりアンダーカバーを追いかけなくなりましたね、個人的にも。
f:id:edgwcnn34:20151115100329j:image
で、再び業界がざわついたアンダーカバーマン。
f:id:edgwcnn34:20151115100640j:image
f:id:edgwcnn34:20151115100719j:image
そして再び毒が戻ってきつつある比較的最近のコレクションに続きます。
f:id:edgwcnn34:20151115100825j:image
f:id:edgwcnn34:20151115100901j:image
f:id:edgwcnn34:20151115100929j:image
数があり過ぎて、個人的な好みでのレポになりましたが、これは見て損はないというより、見ないと損だと思う展示なので是非。
f:id:edgwcnn34:20151115101111j:image
〆はジョニオ氏の言葉。
f:id:edgwcnn34:20151115101150j:image
f:id:edgwcnn34:20151115101212j:image



LABYRINTH OF UNDERCOVER 25 year retrospective
〜2015年12月23日