読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共感と未来を読むこと

ファッションは共感です。ファッションデザイナーの仕事は未来を読むこと。そんなデザイナー2人に言われた言葉。ファッションとお洒落がメインです。

わたしの名前は…

アニエス・ベー氏が作った映画、「わたしの名前は…」

事前情報特に得ずに、ひとまず見とくかくらいのノリで初日に凸してきたよ。
f:id:edgwcnn34:20151115102959j:image
まさかのアニエス氏が体調不良で来れずに代わりにマネージャーの方が来日。
f:id:edgwcnn34:20151115103059j:image
お詫びとしてお酒が振る舞われ。
f:id:edgwcnn34:20151115103238j:image
初日プレゼントの記念Tシャツ。
f:id:edgwcnn34:20151115103321j:image
これだけで映画の元は取れた気がする。



以下ネタバレ含みます。

ファッションデザイナーが作る映画だからお洒落、そんな事はなく。

全編通すとお洒落な映画ではあったけど。

まさかのこのご時世にロリコン映画。

いきなり無職の父親に近親相姦というとても救われないシーンからスタート。

うわぁ…

そこからの家出ストーリー。

世の中には良いロリコンと悪いロリコンが居てですね、良いロリコンロリコンだからこそ手を出さない。

はい、何言ってんだ、こいつって感じましたね、でもそういう事です。

林間学校中にトラックに乗り込みそこのドライバーと旅に出る。

と雑に書くとこういう感じ。

もちろん世間は誘拐されたと大きく報じています。

で、家出理由等の訳を聞かずに乗せたドライバー兼犯人。

途中でニュースになってるのを知りますがそれでも旅は続きます。

青春映画ですよ、これは。

そんな青春も長くは続かず、警察に捕まり、エンディングに。

で、ここから、結末が、オイ、何でこんなに

救えない物を作った…

っていうね、タイトルの意味に繋がります。

オチは自分で確かめて下さい。



わたしの名前は…